Tag Archives: News

タミフルは効くけれど・・・

新型インフルエンザの感染で、国内初となる死亡者が出てしまいました。これを受けて舛添さんが冷静な対応を呼びかける談話を発表した模様です。

新型インフル:舛添厚労相 初死者で冷静な対応を呼びかけ

2009年8月15日 22時46分 更新:8月15日 23時10分
 国内で初めて新型インフルエンザ感染者が死亡した沖縄県。舛添要一厚生労働相は県が死亡を発表した15日夕、偶然、選挙応援で沖縄入りした。那覇空港(那覇市)で緊急の会見を開き「(報道で)話題になった5月ごろより感染者が増えている。国内の感染者は5万人ほどと推計されており、確率的に言えば死者が出てもおかしくない状況だった。国民は冷静に対応してほしい」と話した。

 ただ、帰省ラッシュ時期であることにも触れ「民族大移動で一気にウイルスがまん延する可能性もある。厚労省としてもきちんとした備えをしていきたい」とも述べた。

 一方、県は会見で県民に対し「死者が出たからといって、パニックにならないでほしい」と呼びかけた。舛添厚労相は「現時点で新型ウイルスの病原性が変化したとは考えられない」としており、県も手洗いやうがいの徹底など、通常の感染対策を求めた。

 また、7月以降の感染が特に沖縄県内で多いことについて、県福祉保健部は「梅雨明けが6月28日で本土より早かったため、空気が乾燥してウイルスが繁殖しやすいうえ、人々の活動も活発になっているからではないか」と説明した。

 舛添厚労相は、他県でも重篤になった例があるとして「沖縄だけが危険というイメージを持たないでほしい」と述べた。【川名壮志、三森輝久】(毎日jp)

亡くなった方は腎臓を患っていて人工透析を受けていたと別の記事にありましたが、これではきついんじゃないかと思います。

私の場合日曜日に発症しました。症状としては季節性のインフルエンザと比べると、鼻水やのどの痛み、関節痛や頭痛などが軽微(というか、私の場合熱のみ)で、その点ではあまり怖い感じがしませんでしたし、単に疲れから発熱した程度だと思っていました。そんなわけで「まさかインフルエンザのわけあるまい」と思ったために月曜は自宅で療養、火曜になっても熱が下がらないどころか上がるので「まさか!?」と思い意を決して病院へ行き、A型と診断されたわけです。すぐにタミフルを処方してもらい、家に帰るなり飲みましたが、あっという間に熱が下がり始め夕方にはすでに平熱まで戻ってきて、改めてこの薬の威力を若干の怖さと共に知りました。あとで調べると、タミフルの効きは発症後48時間以内がベストだそうで、私ももう少し躊躇して病院行きを翌日にしていたら長引いたかもしれません。

で、効き目抜群なんですが同時におしっこが細くなるんですね。それまでの高熱で脱水症状も手伝ったのでしょうが、それにしてもおしっこが出ない出ない!ポカリ的なものを絶えず飲んでいる割に出ない。半日に一回「チョロチョロ」といった感じで、それも褐色で血尿みたいなの 😯 怖くなって調べてみると確かにこういう副作用はあって、だから腎臓の悪い人には処方できないんだそうです。私は3日間飲んで少し怖くなり、主治医と薬局はお盆で出かけていて不在なので、中外製薬(タミフル独占)に直接電話して訊いてやりました。彼らも立場上アドバイスできないんでしょうが、それでも「原則5日分飲み続ける」、「副作用が気にならない場合は原則ですが」と妙に「原則原則」というので、裏読みして3日目で止めました。その後3日たちますがとくに再発することもなく、おしっこも元に戻りました。だから、沖縄の方のように腎臓を患っているとつらいのではないかとつくづく思います。

また、医者の話では「マスコミが流行当初ほど騒がないだけで、確実に蔓延化している」そうです。そしてマスコミで騒がない分警戒も薄れ、コンビニにかつてあった消毒液は撤去され、店員さんもマスクをかけていませんね。変な話ですが、今のうちにマスクを買いだめ(買占めはいけない)しておいて、秋からに備えたほうがいいような気もします。

いずれにせよ、高熱が出たら即病院でうまくいくと思います。

「Firefox 3」公開、ダウンロード数は増加もサイトの混雑が続く

Mozillaは日本時間の18日、Webブラウザ「Firefox 3」の正式版を公開し、ダウンロード提供を開始した。公開に伴い、Mozillaのサイトへのアクセスに時間がかかる状況が続いていたが、Mozilla Japanではページを軽量化するなどの対策を行なっている。

 Firefox 3は、JavaScriptの高速化やメモリ使用量の削減など、パフォーマンスの向上を実現。履歴やブックマークからの検索が行なえる「スマートロケーションバー」などの新機能を搭載したほか、テキストやグラフィックの表示を改善した新たなレンダリングエンジン「Gecko 1.9」を搭載。ユーザーインターフェイスでも、各OSに合わせてデザインの変更などが行なわれている。

 MozillaではFirefox 3の公開に合わせて、全世界で「24時間以内に最も多くダウンロードされたソフトウェア」としてギネスブックの世界記録に挑戦するイベント「Download Day」を、日本時間18日の午前2時から開始。午前11時の時点でダウンロード数は250万を超えているが、公開直後からMozilla Japanなどのサイトにはアクセスが集中し、ページの表示に時間がかかる状況が続いていた。

 Mozilla Japanでは、Firefox 3の公開に備えてサーバーの増強などは行なっていたが、予想以上のアクセスがあったとして、トップページを軽量化するなどの対策を実施。また、Firefox 3のインストールプログラムの配布自体については、時間がかかる場合もあるが、ほぼ問題なく提供できているという。Impress Watch Headline

わが家のパソコンにも firefox 3 をインストールしました。日本では18日の深夜2:00amから。さすがに起きていられなかったので、朝5:00に起きてダウンロード+インストールしましたがトータル1分ぐらいでインストールできましたよ。

まだ使い込んではいないのですが、さすがに速い!綺麗さではsafariに一日の長があるように思いますが(事実「firefoxでsafari風な文字にしたい」というサイトがいくつか見つかりました)、速さでは互角以上。拡張性やセキュリティーなどはどうなのでしょうか?いろいろ試し試し使っていこうと思います。

画面の見映えはこんな感じ
firefix screen

ハービーさんの The Riverがグラミー賞最優秀アルバム賞に

素晴らしいニュースが飛び込んできました。

ジャズ・アーティストが65年のスタン・ゲッツ以来となる快挙

 第50回グラミー賞の授賞式が現地10日、日本時間の11日13時に、終了した。

 毎年、多くのドラマが生まれるが、今年は特にアニバーサリーイヤー。開催前にはウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズ)のパフォーマンス時、つまり年間最優秀アルバムの発表前に、マイケル・ジャクソンが登場するのではないかとささやかれたが、残念ながら、それは叶わなかった。

 とはいえ、今回のグラミー賞、一番の驚きはその年間最優秀アルバムだろう。

 ノミネートは今回最優秀ロック・アルバムを受賞したフー・ファイターズ『エコーズ、サイレンス、ペイシェンス・アンド・グレイス』、最優秀カントリー・アルバムを受賞したビンス・ギル『These Days』、最優秀ラップ・アルバムとなったカニエ・ウェスト『グラデュエーション』(収録曲「ストロンガー」では最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンスも)、主要4部門のうち3部門を受賞したエイミー・ワインハウスの『バック・トゥ・ブラック』、そして、御年67歳になろうというジャズ・ピアニスト、ハービー・ハンコックの『River: The Joni Letters(リヴァー?ジョニ・ミッチェルへのオマージュ)』。

 このハービー・ハンコックの『River: The Joni Letters』が、大方の予想に反して、最優秀アルバムを獲得したのだ。

『River: The Joni Letters』は、そもそも彼が敬愛する音楽仲間であるシンガーソングライターのジョニ・ミッチェルに捧げたもの。ノラ・ジョーンズ、コリーヌ・ベイリー・レイら若手から、ティナ・ターナー、レナード・コーエンといったベテラン、さらに、ジョニ・ミッチェル本人の参加を得て作り上げたアルバムだ。

 ベテランのこうしたコラボ作品というと、ロック界ではサンタナの『スーパーナチュラル』が記憶に新しい(第42回)。

 しかし、ハービー・ハンコックの場合、ジャズ・アーチストであるということも特筆すべきこと。必ずしもヒットチャートを争うジャンルではない。そう、ジャズ・アーチストとしては非常に珍しく、65年のスタン・ゲッツ以来となる、アルバム賞受賞なのだ。

 カニエ・ウェストは呆然としているだろうか? それとも、リベンジを心に誓っただろうか?

 さまざまな思惑をつい考えてしまいがちだが、ハービー・ハンコックの受賞に関しては、番組終盤に、現地で最優秀ニュー・エイジ・アルバム部門にノミネートされた喜多郎氏が登場し、告げたコメントが多くを 表しているようにも思える。

 ラップやヒップホップ(あるいはロックやR&Bなども含めて)など、流行している音楽ももちろん大切だけれども、「もっと生の、ちょっと昔に返ってみるのもいいんじゃないかというメッセージもこめられているのでは」。

 デジタル化がますます進む昨今、ダウンロードミュージックでしか音楽に親しまない世代が、音楽ファンの中で層を厚くしてきている。しかし生でしか奏でられないものがある。生でしか感じられないものがある。

 ジャズは圧倒的に即興性が強い。今回の授賞式でも、ハービー・ハンコックは若手ピアニストのラン・ランとともに、ジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏した。まさに生を感じさせる演奏。その功績に対しての、受賞でもあるのかもしれない。 (日経トレンディネット

この記者も書いている通り、ダウンロード音源?ポータブル再生機という現在の音楽状況では、"いまここで"という感覚(現前性、ライブ性)や音の物質性がどんどんと衰退していくのではないかという危惧があります。常に再現的な音楽は安定感はあるけれどスリル感がなく、再生音は簡便ではあるけれど感動とは程遠いものが多いからです。私達が再生音を聴いて感動できるのは、実は以前に聴いた生音を脳内で再構築しているからであり、ずっと再生音だけに浸ってきた人は、これができないという話を聴いたことがあります。ジャズというのはアドリブを媒介として、この現前性・ライブ性を確保すると共に、その高度な技術からライブ・パフォーマンスでも鑑賞に堪えうるという特質があるわけです。

ジャズとしては43年ぶりというのは驚きですが、実は「最優秀アルバム賞」のことで、それ以外の賞はこれまでハービーさんも受賞しているようです。
'65年のゲッツというのは『ゲッツ/ジルベルト』という不滅のボサノバアルバムです。

どちらも以前に記事で紹介していましたので、よかったらご覧下さい。

Herbie Hancock: The River - The joni Letters
Stan Getz: Getz / Gilberto

クリスピー・クリーム・ドーナツ

ずっと謎だったことが一つ解けました。

東洋大に行く時、朝8時ごろに新宿駅で電車を待っていると、頻繁にドーナツの箱を抱えた人に出会うんですね。人によっては5箱とか大量に抱えている人もいるので、「あれなんだろうなぁ?」と思っていました。いやドーナツです。ドーナツですが、持っている人がなんか目つきや人相のよくない人だったりすることが多いので、「ひょっとしたら、ドーナツとごまかして危険な薬物でも運んでいるんではないか」などと妄想族を全開にさせたりしていたわけです。

そもそも朝からそんな大量のドーナツを食べたら胸焼けするだろうし、朝からドーナツ屋なんてやっていまいと決めてかかっていたわけです。

このニュースを読んで、初めてそのドーナツ屋の正体と特徴が分かり納得しました。7時からやっていて、食感も軽いドーナツなんですね。さすがにサラリーマンは朝からドーナツの箱を抱えないので、どうしても自由業系の人が目立ち、それが「目つきのよくない男の持つ箱」と勘違いする羽目になったようです。

有楽町にも行列――クリスピー・クリーム・ドーナツが国内2号店

あの“行列のできる店”クリスピー・クリーム・ドーナツが、有楽町へ進出。10月オープン。
 クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンは、ドーナツ&コーヒー店「クリスピー・クリーム・ドーナツ 有楽町イトシア店」を10月12日にオープンすると発表した。

 「有楽町イトシア」は、JR有楽町駅前で進行している複合商業施設で、同店は有楽町イトシアの地下1階に位置する。店舗面積は153平方メートルで、席数は6席。

 クリスピー・クリーム・ドーナツは2006年12月、新宿に国内1号店をオープン。1930年代から受け継がれたレシピによるドーナツ「オリジナル・グレーズド」をはじめ、口の中で溶けるような軽い食感のドーナツが人気を博し、常に行列の絶えないショップとして有名。

八王子スーパーナンペイ事件 バンキシャ!で

日テレのバンキシャ!で、「八王子スーパーナンペイ事件」を特集していました。

福澤アナと菊川怜も八王子に来ていたようでCGで今はなきナンペイの姿を再現したり、スタジオに2階の事務室をそっくり作って検証していたりしました。今回新たに分かった事実としては、「怨恨」の線も考えられるようになってきたという点だそうです。実際お金は金庫はおろか、被害者の高校生からも盗まれていない。そうすると「強盗」というのは事件の性質をぼかす言葉だったことになります。

しかし、怨恨だとすると容疑者は特定しやすいわけで、それを全国ネットのテレビで流すということは、案外犯人逮捕も近いのではないかと期待しています。

番組の最後のほうでナンペイ大和田店の跡地からの中継は土砂降りでした。私の住むほうはそれほど離れていないのにまだ落ちてきていません。ただこれから豪雨・雷雨になるようです。

[八王子スーパー強殺]30日で12年 情報提供呼び掛け

もう、あの事件から12年も経つんですね。夏の暑さと手口の残忍さで私にとっても忘れられない事件でした。

 東京都八王子市のスーパーで95年、高校生ら女性店員3人が射殺された強盗殺人事件は、30日で未解決のまま12年になる。警視庁八王子署捜査本部は22人態勢で捜査を続けており27日、JR八王子駅前で情報提供を呼び掛けた。時効まで3年。遺族や同級生は犯人に「人の心があるなら、早く出てきて罪を償って欲しい」と必死に訴える。

 「1日たりとも恵のことを忘れたことはありません」。桜美林高2年だったアルバイト、矢吹恵さん(当時17歳)の母恵美子さんは話す。

 事件は95年7月30日午後9時15分ごろ、閉店直後の「スーパーナンペイ大和田店」2階事務所で起きた。恵さんは同僚の都立館(当時)高2年、前田寛美さん(同16歳)、稲垣則子さん(同47歳)とともに犠牲となった。金庫にも弾痕があったが、中の500万円はそのままだった。

 「恵がいつも見守ってくれていたから、私は今日まで生きて来られたんです」。恵美子さんは絞り出すように話し「時効までに絶対捕まると信じています。人間の心が残っていてほしい」と出頭を呼び掛ける。

 恵さんの中高の同級生、鷹野めぐみさん(29)は高校時代、毎日一緒に登下校した。「保母さんになりたい」と話す親友の笑顔が今も思い浮かぶ。事件の数日前、立川市の花火大会に出かけた。「近くなったらまた連絡するからね。バイバイ」。八王子市の花火大会(8月)に行く約束をして別れる際に聞いた言葉が、最後になった。

 鷹野さんは事件直後、同級生らと銃器根絶を考える会を作り、事件が繰り返されないよう活動した。立川の花火がある28日、母校で仲間たちと祈る。「犯人には『今、何を考えているのか』と問いたい。捕まったら、殴りかかるでしょうね」。そうつぶやいた。

 情報は捜査本部(042・646・4240)へ。【神澤龍二】     毎日新聞

そしてイタリアが勝った

そしてイタリアが優勝しましたね。

私はガットゥーゾも好きですが、アンリのスピードにも魅せられていたので、どちらを応援するでもなくまったりと観ていましたが、ピッチの上はそれどころではない。

怪しいPKはあったものの、比較的おとなしい試合だと思っていたら、最後の最後に来てジダンがやってくれましたね、頭突き。マテラッツィに何か言われたのかもしれませんが、見事なヘディング。パキケファロサウルスみたい。

パキケファロサウルス
Zidaneを記念した切手(嘘)

まあ、それでもどういうわけかMVP貰えたんだし、よかったですね。

イタリア優勝が決まるや、今度はガットゥーゾがやってくれました。ユニフォームのパンツを脱いでブリーフ一丁で走り回る。酔うとズボンやパンツを脱ぐ人というのはたまに話に聞きますが、優勝するとパンツを脱ぐ人というのは、世界広しといえどもガットゥーゾぐらいのものではないでしょうか。

ガットゥーゾ
どうも、誰かに怒られたらしくすぐに予備のパンツをつけていました。

いずれにしても、今日から寝不足に陥らないで済みます。