© 2012 fukao

折れた小指(5)

術後ケア
手術の時、「差し込んだピンを埋めてしまう方法と、先端を表に出しておく方法があります。埋めれば風呂にも入れるし、手も洗えます。ただし抜くとき再び切開する必要があります。一方、先端を出しておくと手は洗えませんし、お風呂につけることも出来ません。また週に何度か消毒に通ってもらいます。ただし、抜くときは一瞬です」と、さあどっち的に訊かれ、切開で再び同じような手術が嫌な私は、出しておくバージョンを選択。

「麻酔切れると痛みますから」と痛み止めのロキソニン、あと抗生剤のフォルモックスを処方された。痛みは幸い大したことなかったが風呂と洗い物が超面倒。とはいえこんなもんだと納得しつつ、週2ぐらいで消毒に通いつつ、普通の生活に戻る。

化膿
2週間目にレントゲンを撮ったら、まだくっつき初めてもいないので、ふたたび包帯の日々。そんなある日のこと。私は元々外耳炎持ちで、変に湿度が高いシーズンになると耳がかゆくなる。ところが今回は痛い。綿棒でいじってみると膿んで腫れている感じ。

「待てよ、体全体の白血球的なものが菌と戦い、耳は菌に負けているんだから、指の傷跡が菌に負けていないってことはない」と否定の連続で考えて、翌日消毒に行って包帯を取ってもらうと、ピンの傷口の一方が白く膿んでいる。

「ちょっとこれは奥まで行く前に抜いちゃいましょう」といつもと違って緊迫した声の名嘉先生。あっという間にペンチが用意され、気づくまもなくシュッという感じで一本のピンが抜かれた。
「抗生剤も出しておきますから、明日もう一度見せに来てください」と言われる。翌日見せる(というかこっちが見たい気満々なんだけれど)と傷も塞がって腫れてもいなかったので、ひとまずほっとした。

フォルモックスが効いてきたのか外耳炎も治まったが、どっちからどっちへ影響したのだろう?

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">