© 2010 fukao

iPhoneの日々

iPhoneを手にしてからというもの、新しいおもちゃを手に入れたみたいに毎日それで遊んでいます。んで、先生や学生の中にiPhone使いを見つけると、話題は決まって「どのアプリを入れている?」ってことになるんですね。iTuneのアプリ検索だと大まかな評価は分かっても実際の使用感とか、便利な使用法なんかがいまいち分からないんですが、実際に使っている人に訊くとよく分かる。私も勧めてもらったアプリを少ないながらもインストールしては悦に入っています 🙂

第1面には1番頻度の高いアプリと情報系のものを入れています。
<頻度の高いもの>
weathernews: 天気予報。プレインストールの天気予報よりも詳しく分かります
google mobile app: googleのiPhone向けappですが、要は入り口だけという感じで、Gmailやニュースなどのメニューをクリックすると普通にSafariが起動します
eWifi: 無線LANのアクセスポイントを検出してくれるアプリ。学内無線LANの場合「設定」では検出できないような電波の弱い(アクセスポイントから遠い?)ところでも拾ってくれるので重宝しています
wordpress for iPhone: このブログを含めて私はWordpressを用いてブログを構築していますが、iPhoneからの投稿が非常にスムーズになるすぐれアプリ、上手くいかないという人も多いのですが、私の場合ありがたいことに上手くいきました

iNote: エディターですが、なんと言っても"google doc"と同期できるのが魅力です。Safariでgoogle docを開くとスプレッドシートは閲覧・編集できるのに、ドキュメント(ワープロ文書)は閲覧すらできずエラーが出てしまうのでこれは欠かせません。家で教材等の文書を作っておいて、簡単な手直しを出先でするといった使い方ができます。有料アプリ(450円)ですが優良アプリです

To Do: To-Doリスト用のアプリはそれこそ山のようにあって、これもいったいそのうちのどれだか覚えていませんが、かなりシンプルなつくりです。

<情報系> google for mobileからニュースサイトへ入っても結局safariでパソコン用の画面を覗く感じなのでもっといいアプリはないかと思うのですが、日本の新聞・ニュース系のアプリにいいものはまだないです。産経新聞が出していますが、しょせん産経新聞ですからね ;) TIME Mobile: TimeのiPhone用アプリ。記事をセーブできないのですが、メールを家のパソコンに送ってシェアし、ゆっくり読むことができます。

New York Times: こちらは記事をセーブできるので、流し読みした後気になる記事をセーブしています。

Dictionary.com: ごく普通の英語辞書です。無料なので入れました。電子辞書を買う前なら有料の辞書をあれこれ入れてもよかったんですがね。

wikipanion: wikipedia用のブラウザです。これは非常に見やすく役立っています。

1面だけで結構な長さになったので、2面と3面についてはまたいずれ。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">