© 2008 fukao

検査も無事終わりました

この一週間、憂鬱の種だった大腸検査が無事終わりました。

昨日は件の検査食というものを食べましたが、やっぱり量が限られているしお粥ばっかなので辛い。

で、夕方になると当然空腹が募るわけです、いつもなら8時ぐらいに食べる夕食を5時に食べたくなるわけです。夕食用のメニューはポテトスープのみ。それも浮き実やとろみのないもので、大恐慌のときに街角で配給されたというスープみたいな味、知らないけれど。それを飲み終わるともう何も口にすることはできず、午後7時に粉状の下剤というのを水に溶いて飲むんですが、この粉の量が半端じゃない。コップ半分ぐらいあります。それを「まず少量のぬるま湯で溶け」というんですが、少量過ぎると粉がぼそぼそ残っていて、ショートブレッドを作ってんじゃないんだから、という感じです。徐々に注ぎ足していって適量になったとろみのある下剤を飲みます。

そのままテレビを観たりして大人しくしていると、来ました。で、来ている最中の9時に、今度は目薬みたいな下剤を水に垂らして飲むんですが、これを飲むと、次々に波が襲ってきて、最後は水が出てきます、いや水しか出てこなくなります。かなりの効きだと思っていたら、今日の検査で「凄い人は夜中寝られないほどです」という話を聞いたので、私のはまだ軽いほうだったのでしょう。9時間ぐらい寝てましたから(空腹で、寝るしかなかった)。

朝9時ぐらいに起きると、いつもより目覚めが軽い。「今、このはらわたには、何も汚物が入っていないんだなー」と思うと、このままでいたい気持ちで一杯になりました。まあ、嘘ですけれどね。

その後病院へ向かいますが、バスのタイミングが悪くて歩く羽目に。真の空腹の中で30分ぐらい歩きやっと病院に到着しました。

病院では穴あきパンツというのを買わされ、検査室に行くと他の患者が誰もおらず、「はいどうぞ」みたいな感じで心の準備もないまま、ゴージャスな科学機械のある部屋に通され、痛い注射を打たれ(これが、痛いの、ほんとに 😥 射す時にあまり痛くなかったから「フフン、こんなもんか」と思ってると、薬剤を入れ始めたらギュイーンと痛かった)、台の上に立たされるとそれが倒れていって真横になり、ケツに管を挿入されるわ、バリウムやら空気やらを送り込まれるわ、おまけに台がシーソー的に動きつつ「ハイ、うつ伏せになって、ハイ横向いて、今度仰向けで」と五月蝿い指示が飛ぶ。ドクターの説明で「回転する台」というのは聞き間違いで、自分で回転するのでした。

検査は10分ぐらい。その後痛い注射の効き目で、口が貼り付くように渇いたので飲物を買って、ロビーで本を読んで待っていようとしたけど、目のピントが合わないから読めないの。これも痛い注射の副作用だそうです。

その後やっと診察の番が回ってきて、結論としては「憩室炎」だそうです。

憩室というのは大腸にできた、ちょうどおせんべいを焼いた時にできるようなぷっくりした窪みのことで、これ自体は無害なんだけれど、そこに便の滓が入り込んで、そのとき疲れていたり、ストレスが溜まっていたり、暴飲暴食を繰り広げていたりすると腫れて痛むそうです。私の場合、休み中で疲れていないし、ストレスもないほうだと思うので、どう考えても暴飲暴食が原因だったようです。ともかく、少し気にしていたキャンサーなどの可能性は全くないといわれて安心しました。

さてそうなると、空腹感が戻ってきます。薬も切れて胃腸も動き出したんでしょう。アブラギトギトの肉を貪り食いたくなったんですが、ステーキハウスはちょっと遠いので、再び、向かいのバーミヤンに。チンジャオロースかホイコーローで迷いましたが、キャベツは胃腸にいいだろうと思いホイコーローにしました。実は嘘で、ホイコーローはバラ肉を使っていることを知っていたからです。

hoikoro

「次に出る最初のブツがこのホイコーローであることは確実だな」などと考えながら、イソイソとアブラギトギトの食事を摂取し続けていました。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">