© 2006 fukao

Montblanc 149

私は特にモンブランに思い入れがあるわけではないですが、ネット記事や書籍を読むとどうしても目に付くのがMontblanc 149です。やれ「万年筆の最高峰」だ、やれ「本物の作家はこれを使う」などうるさいんですね。で、作家ではないのだから無視していればいいんだけれど、そうやって書き立てられるとどうしても気になってしまう。気になると夜も眠れない。もう、149をすっぱり買うか、それとも149とは「一生買わないという形」で付き合うかなどと、非常に屈折した感情に支配されてくるわけです。

「これは精神衛生上、よろしくないなー」などと考えていたとき、恒例となったモンブラン値上げの噂が飛び込んできたので、もう躊躇せずにエイヤと購入したのがこれです。

montblanc 149

しかし大げさなハコ。

montblanc 149

ペン先はBですが、太いしフルハルさんの所で解説されているように筆記角度が非常にシビア。ちょっと傾けるともう書けなくなる。ただのBなのにスタブのようなペン先。かえすがえすも汚い字ですが筆跡はこうなります(インクは写真に写っている純正のロイヤルブルー。モンブランだと純正以外を入れるのが怖くて)。

monscript

太いペン先ならフルハルさんで有償で研いでもらうのを前提で買うか、そうでなければMまでにしておいたほうが無難ですね。上の箱入りの写真、実は撮影用に箱に入れたのではなく、ずっと仕舞っておいたので箱から出す前に一枚パチリと撮ったのです(インクはわざと置きましたが)。普段はほとんど使いません。年賀状のシーズンだけ箱から出して使います。本当は最初に無理して使って馴染ませるという努力が必要なのですが、なかなかそうも行きません。

Montblancが悪いといっているのではありません。Bニブなので、それじゃなくても使いづらいのに、さらに使う場面が少なく、なじませる機会がないため、いつ使っても、「買ったときのような使い心地の悪さ!」という悪循環に陥っているんでしょう(笑)。またいずれ146のMとEF、そして古いジェネレーションについての記事を書きますが、これらはいつも手元で活躍しています。

2 Comments

  1. TadYanagisawa
    Posted September 20, 2006 at 10:58 PM | #

    「モンブランだと純正以外を入れるのが怖くて」のコメントわかるような気がします。個人的にはパーカーのインクが好きなのですが。149には入れられないのです・・・
    実は11年前、新婚旅行のお土産で、NYの文房具屋で149は買いました。が、しかしながら年賀状や本当に気取ったとき以外は使えないのです・・・149は普段使いには17年選手の146の方が圧倒的に使えちゃうんです。けして手が小さいとかそういう理由ではないのですが・・・146も充分ファットな奴ですが・・・どうしてなのでしょうか?
    久しぶりに高校野球が一段落しましたので覗いて見ました。秋の信州へお出かけください。

  2. G坂
    Posted October 9, 2006 at 8:58 PM | #

    ああ、コメントいただいていたんですね、気づきませんでした。
    やはり、149は取り回しがしづらいですよね。たぶん作家は大量に書くので、手の中で捏ねず肘あたりを動かして書いていくから149に対応できるんじゃないかと思います。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">