© 2006 fukao

ボールペンの場合

ボールペンの場合、たとえばクロスのタウンゼントやセンチュリーのような高級系よりも、安くて品質のいいものを見つける楽しみがあります。というのも、万年筆がペンごと、そしてペン先ごとの個体差で書き味が変化するのに対して、ボールペンの場合は軸が何であれ書き味を決定付けるのはリフィルであるので、高級軸を奮発しても喜びは薄いわけです。
ここしばらく使っているボールペンは、写真の100円ボールペンです。軸の色はカラフルですがどちらも黒。侮ってはいけないのは、このリフィル(というかボールペンそのもの)はスイスの名門CARAN d'ACHEのもので、非常に書き味がいい。Bicのビックオレンジよりもさらに一段書き味で上回ります。とにかくゲルペンに引けを取らないほどインクが柔らかくそれでいてちょっとした粘りがストロークを安定させ、滑るような書き心地です。八王子のソニプラで購入しましたが、最近覗いたら売っていませんでした。あそこは商品の変遷が激しいので、また覗いてみようと思っています。

carandache

多色ペンでよく使っているのが、Bicの4色ボールペンです。オレンジと水色の軸があり、本来はオレンジが細字、水色が中字なのですが、なんとなくイメージが合わない気がして、オレンジを中字、水色を細字に差し替えて使っています。細字のほうはややカリカリ気味で、醍醐味は中字のほうにあります。Bicらしく滑らかでいながら適度な粘りのあるインクでくっきりとした線がかけます。こちらはほぼ日手帳のペン挿しに挿して携帯しています。

bic4color

町の文具屋ではぜんぜん見つからなかったので通販サイトのLucid Online Shopで買いました。一本400円。
このペンの欠点はなかなか使わない、たとえば緑(というかだいたい緑)のインクが、放っておかれたためかへそを曲げてすぐに出なくなることです。しばらく円を描いていると流れ始めるんですが。

4 Comments

  1. Posted April 24, 2006 at 6:31 AM | #

    私は、国産の色々なボールペンを試しましたが最近ゼブラが一番書きやすいなぁと思います。
    たまたまあたり続けてるのか知りませんがすごくいい書き味です。

  2. もにか
    Posted April 24, 2006 at 12:39 PM | #

    しばらく使わなかったボールペンや万年筆が、期待に反してちゃんと出ない事で、プチウツになります。なので、自己防衛から、ちゃんと出ない事を期待するけれど、やっぱちゃんと出ない現実があり、プチ鬱になる。しばらく円を描いている時、マックスになります。最後に、インクが出ると、力が抜けて、仕事にならないことも・・・(爆)

  3. fukao
    Posted April 24, 2006 at 9:44 PM | #

    コメントありがとうございます。

    Kazuさん
    確かにボールペンには当たり外れがありますよね。私の場合、どうも外れを引くことが多すぎるようで、「こりゃ先祖がボールペン屋を絞め殺したかなんかしたかな?」と内心危惧しています(笑)

    もにかさん
    上にも書いたように、私は外れ率が高く、したがって書く前に必ず余白でグルグルする癖があります。ところが予想に反して真っ黒いインクが最初から流れたりすると焦ってしまって却って仕事になりません(笑)グルグル用のメモ帳を持って歩いたほうがいいかもしれませんね。

  4. Posted April 27, 2006 at 1:58 AM | #

    パイロットのスーパーグリップ1.6mm推奨!
    太字がいちばん。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">