© 2005 fukao

今月の紅茶

今月はお金がないのでシロニバリを購入。
この紅茶はCTC (Crush, Tear and Curl)製法によって作られています。この製法は文字通り茶葉を砕き、引き裂き、丸めたもので小さい正露丸のような丸い粒状になっています。フルリーフなどと違って茶葉の繊維や茶液が表に出ているため非常に淹れやすく、短時間で濃い紅茶が淹れられるので初心者向きともいわれています。値段も400円前後と安く、普段飲むのに適した紅茶です。

silo1silo2

このシロニバリは甘い香りがしてアッサムらしい紅茶ですが、CTC製法なので格別薫り高いわけではありません。かなり濃い色に出ますのでミルクを入れると綺麗なミルクブラウン色になります。ティップの多いヴィンテージアッサムもいいのですが毎日飲むにはこれぐらいの値段でないと付いていけませんよ(笑)。
インドのチャイ式で淹れても美味しいと思います。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">