© 2005 fukao

写譜用のペン

万年筆のペン先に「ミュージック」というのがあります。横に平べったくなっていて、縦に引く線は極太に、横に引く線は細く書ける仕様になっています。
これをそのまま使うのではなく、ペンを真横に持って縦の線を細く、横の線を太くするようにして書くときれいな楽譜が描けるのです。

ところでこの写譜用のペンは実に高い。いや、万年筆としてはそんなに高くないんですが、ロープでもなければ年がら年中写譜しているわけでもない人間にとって、そんなたまにしか使わないものに一万や二万も出すなんてもったいないって気持ちが先立つわけなんですよね。そんな折、たまたま友人からなぜか分からないけれどカリグラフィー用のペンをもらったわけです。シェーファー製。これがまさに縦に太く横に細いミュージックペンと同じペン先である事に気付いたんです。

sheaffer.jpg

上の写真はそのシェーファーカリグラフィーペンです。なんではじめっからそこに気付かなかったのかいま考えると不思議な気もしますが、その頃は「ミュージックペン」という事にこだわっていて、頭の中でカリグラフィーとまったくリンクしていなかったんだと思います。ちなみにこのペンセットにはカリグラフィー教則のリーフレットもついていました。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">